2015年によく読まれていたワークショップデザイン関連記事

: Posted by Yuki Anzai at December 30, 2015

2015年は(1)博士論文を書き上げて博士号を取得したこと、(2)NTTドコモと共同で多層型オンラインワークショップシステムを開発したこと、(3)研究会を重ねて問いのデザイン論について深めてきたこと、が主な取り組みでした。2016年は『問いをデザインする(仮)』を無事に出版し、「問い」「遊び」というキーワードを理論的かつ実践的に接合させながら、ワークショップデザイン論をもう一段深めていきたいと考えています。論文も書きます!

 

さて、1年の締めに、今年よく読まれていたワークショップデザインの関連記事をまとめておきます。

◎ワークショップで絶対に失敗しないファシリテーションの方法

http://yukianzai.com/blog/2015/04/19/595/

 

◎遊び論から考えるワークショップのデザインパターン

http://yukianzai.com/blog/2015/04/08/591/

 

◎問いを”因数分解”する

http://yukianzai.com/blog/2015/11/09/674/

 

◎ワークショップにおける「良い問い」の評価とそのタイミング

http://yukianzai.com/blog/2015/08/08/649/

 

◎学習と活動をひねって結ぶ

http://yukianzai.com/blog/2015/08/05/642/

 

◎プロジェクト型学習における真正性とファシリテーション

http://yukianzai.com/blog/2015/07/02/621/

 

◎授業やイベントにグループワークを導入する際に最低限気をつけたいこと

http://yukianzai.com/blog/2015/04/15/588/

 

 

それ以前の記事については、以下の記事にまとめてあります。

 

◎よく読まれているワークショップデザイン関連の過去記事(2014年以前)

http://yukianzai.com/blog/2015/05/26/612/

 

 

新著の宣伝をしたいので笑、講演や研修のご依頼もしばらく大歓迎です。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

▽参加者募集中の研究会・ワークショップ

2016年2月13日(土)「ワークショップデザイン入門-遊びのテクノロジーを活かした場作り」

http://peatix.com/event/138732/

 

2016年2月20日(土)「問いをデザインする技法を探る-ワークショップにおける”良い問い”とは何か?」
http://peatix.com/event/147236/

 

▽ワークショップを科学する(Facebookページ)

ワークショップをはじめとする「創造的な学びの場作り」の方法について探求するためのページです。研究の進捗と成果、関連するエッセイ、公開研究会などの情報についてお知らせしています。

https://www.facebook.com/BaDesignLab

 


ページトップへ