9月の公開研究会/ワークショップのお知らせ(遊び・問い・アイデア発想)

: Posted by Yuki Anzai at July 20, 2016

2016年8〜9月の公開研究会/ワークショップのスケジュールは以下の通りです。
(more...)

ページトップへ

公開ワークショップ:情報を視覚化する技法を学ぶシリーズ(5月7日/5月14日)参加者募集

: Posted by Yuki Anzai at April 18, 2016

昨今、さまざまな場面で複雑な情報を視覚化するための手法が求められています。デザインやプレゼンテーションにおいて煩雑な情報をわかりやすく伝える「インフォグラフィックス」をはじめ、ワークショップにおいても議論や対話のプロセスを構造化し、ビジュアルとしてリアルタイムで描きだす手法である「グラフィックレコード」などの手法が注目されています。こうした「情報の視覚化」について体得することを目的としたワークショップを5月に2週にわたって実施します。
(more...)

ページトップへ

ゲームvsワークショップ!?:”楽しい学び”を生み出すテクノロジーを探る 実践報告

: Posted by Yuki Anzai at March 27, 2016

近年、主体的な学習を促進する方法として「ゲームデザイン」や「ワークショップデザイン」が注目されています。いずれも「遊び」「楽しさ」といったキーワードを共有しながらも、根底には異なる思想と方法を持ったアプローチであることも確かです。そこで、ゲームデザインを活用した歴史学習の方法を専門とする池尻良平先生(東京大学)をお招きし、ゲームデザインとワークショップデザインの共通点と相違点と探るための研究会を実施しました。前半では、池尻先生からゲームデザインの事例や方法論について話題提供していただきました。
(more...)

ページトップへ

「悪い問い」の効用

: Posted by Yuki Anzai at January 3, 2016

これまで述べ250名を超える方々に「問いのデザイン」に関する研究会にご参加いただき、議論を重ねてきました。「ワークショップにおける”良い問い”とはどのような問いだろうか?」という素朴な問いから、参加者の皆さんにそれぞれが考える「ワークショップにおける良い問いの条件」「悪い条件」について尋ね、ひとつずつ付箋紙に書き出してもらうワークを続けてきました。
(more...)

ページトップへ

2015年によく読まれていたワークショップデザイン関連記事

: Posted by Yuki Anzai at December 30, 2015

2015年は(1)博士論文を書き上げて博士号を取得したこと、(2)NTTドコモと共同で多層型オンラインワークショップシステムを開発したこと、(3)研究会を重ねて問いのデザイン論について深めてきたこと、が主な取り組みでした。2016年は『問いをデザインする(仮)』を無事に出版し、「問い」「遊び」というキーワードを理論的かつ実践的に接合させながら、ワークショップデザイン論をもう一段深めていきたいと考えています。論文も書きます!

 

さて、1年の締めに、今年よく読まれていたワークショップデザインの関連記事をまとめておきます。
(more...)

ページトップへ

まれ美ラボ in Todai: 目が見えなくてもアートはみえる?視覚障害者と一緒にアート鑑賞!(1月23日)参加者募集

: Posted by Yuki Anzai at December 28, 2015

======================================================

まれ美ラボ in Todai #2 2016年1月23日(土)18時~20時30分

目が見えなくてもアートはみえる?視覚障害者と一緒にアート鑑賞!

詳細・申し込みページ:http://peatix.com/event/103242

======================================================
(more...)

ページトップへ

メディア掲載:「人工知能の普及によって私たちの仕事がなくなる」は本当なのか問題(電通報)

, : Posted by Yuki Anzai at December 25, 2015

SNSなどでは周知していましたが、電通報に、連載対談『「人工知能の普及によって私たちの仕事がなくなる」は本当なのか問題』(全4回)が掲載されています。人工知能は専門外ですが、リクルートAI研究所室長の石山洸さんに胸を借りながら、ワークショップの話題に引きつけながら対談させていただきました。
(more...)

ページトップへ

問いを”因数分解”する

: Posted by Yuki Anzai at November 9, 2015

新著『問いをデザインする』の出版に向けて、ワークショップにおける問いの生成と評価の方法について検討しています。以前に公開した記事「ワークショップにおける良い問いの評価とそのタイミング」では、ワークショップにおける問いを長期的な問題解決の過程に位置付けることで、”良い問い”の条件は効果を期待するタイムスパンによって変わるということを確認しました。
(more...)

ページトップへ

原宿・表参道のまちの情報編集を考えるワークショップ(専修大学「応用演習」)実践報告

: Posted by Yuki Anzai at November 1, 2015

安斎が兼任講師を担当している専修大学の2年生の授業「応用演習(社会情報)」では、ワークショップデザインを学ぶプロジェクト型学習の授業を展開しています。佐藤慶一先生、山下清美先生、TAの山田小百合さん、森裕生さん、SAと連携しながら進めています。

 

今年度は表参道・原宿エリアを舞台に、地域の課題を発見し解決するためのワークショップを企画し、地域のステークホルダーを対象にワークショップを実施することで課題解決の糸口を探ることをプロジェクトのテーマにしています。
(more...)

ページトップへ

公開研究会:システムアートから学ぶ、問いをデザインする技法(ゲスト:安斎利洋氏/11月22日開催)参加者募集

: Posted by Yuki Anzai at October 28, 2015

==========================================================================

公開研究会:システムアートから学ぶ、問いをデザインする技法(ゲスト:安斎利洋氏)

11月22日(日)13:00-17:00 @東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール

詳細・申し込み:http://peatix.com/event/125821/

=============================================================================
(more...)

ページトップへ